--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月22日 (木) | Edit |
今更なんですが...
こちらの前編中編のつづきです


その頃に感じていた不満について断片的にメモっていたのですが、その頃から今に至るまで...まったく進歩が感じられない日本の電子書籍界隈の状況に...早い話が見切りをつけたってことです。いや諦めたという感じか。

そんな私の言いたかったことが書いてある記事を発見。
もとまか日記乙さんの
日本の電子書籍はどこへ向かおうとしているのかという記事です。


活字萌えな私なので、RetinaになったiPadさんで美しい活字を読めることが一番期待していたことだし、その1点だけで買い換えたと言ってもいいくらいなんだけど(笑)

すでにRetina対応してるi文庫HDのスクショ。
IMG_0011.jpg


ネットで書評をみかけて「おっ、この本面白そうじゃん。読んでみよう」って思った書籍...ほとんど電子書籍版が出ていないという状況...でも読みたいから紙の本を購入...でも「RetinaになったiPadさんで読みたいし」ってことで自炊...何これ?...日本って先進国とかやめたの?

最後の砦(と私は思ってる)Amazonは、日本の電子書籍事情に風穴を開けられるんでしょうか?現状を見ているとかなり不安です。でも期待したい気持ちはある...でも...期待してただけ裏切られたらショックかも....じゃぁ、期待するのなんかやめて、いっそのことすでに電子書籍事情で満足出来る原書(英語)を読めるようになればいいじゃん?

そうだよ!
洋書(英語の)には「この本が翻訳されたら読みたいのになぁ」ってのが山ほどある。原書のまま読めるようになったら「あ、これ面白そう」って思ったらすぐ読める。しかも電子書籍だったらわざわざお取り寄せとかせず読みたいと思ったその場でダウンロード即読めるのだよー!

洋画を字幕なしで楽しむってことに比べて、洋書を辞書なしで楽しむはハードルが高いとは思う。でも↑で書いた日本の出版業界への怒りをエネルギーに変えたら出来そうじゃん...って単純な理由でスタートしたプロジェクト(おおげさ)だけど、RetinaになったiPadさんのおかげで「読みたいぃ~」ってテンションがさらにupしてるので、このまま挫折せずに継続したーい!(笑)


テーマ:電子書籍
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。