--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月01日 (火) | Edit |
7月7日の記事で...
こういうパターンが自分の脳の特徴ゆえに起きると理解してなかった頃は、このまま一直線に突き進んで家事放棄状態になっていたが、今は「この過集中レベルはヤバイ」と認識出来てきたので、なんとか対処方法を考えてみた...

って書きました。が...
うーむむ...やっぱり過集中は甘くなかった...�������

というか、もう少し早く対処を考えるべきだったとも言うべきか。結局、選んだエッセンスは3~4日で飲むのを忘れて「効果があった」かどうかも検証できず(キネシでは毎日2回30日間飲むと出てたのに実行できなかった(^^;) ようするに過集中のレベルが限界点(レベル4以上)を越えてしまったらしく、他のことに意識を向けるのが困難になっていたわけです...(エッセンスを飲むという意識も含め最低限の家事さえ困難に)

8月中旬くらいになって、やっと他に意識を向けることに成功。
つまり、他に低レベルの過集中を作って、過集中を分散させるという荒技なんだけど(爆) まぁまぁうまくいったようで、料理とか含めやっと少しずつ他のことに意識を分散できるように...なった...多分...�當���P�i�w�i���p�j

こうやって、ブログ記事を書けているのも、過集中の分散がうまくいってる結果...と思いたい(にぎりこぶし���[��)

このまま分散が順調だったら、もうちょっと具体的な内容で(何に過集中してたかとか)記事を書いてみよう...多分書けるよね...と自問自答(核爆)
スポンサーサイト
テーマ:ADD/ADHD
ジャンル:心と身体
2009年09月10日 (木) | Edit |
うーむ...どうもうまく分散が出来てないようで(--;)
過集中に関してとかいろいろ書きたいことはあって寝る前に次から次へと頭の中で文章作成しちゃってるんですが、いざパソ前に座ると、とある作業に没頭してしまう。ともかく、この過集中ループから抜け出すために、気分転換に電波記事でリハビリでもしようかと(爆) 前置きながいっつーの��

うちの次女ワンコは特定の服装をしてる人が嫌いだ。
警察官・警備員・GSのつなぎ着た人・メットかぶった人などなど...

ちょうど去年の春頃の話なんだけど..買い物がてらお散歩しようと車を走らせていてた。T字路の交差点の信号がちょうど赤に変わって停車。すると助手席に座ってた次女ワンコが急に吠え出したので、そちらを見るとバイクに乗ったメット姿の兄ちゃんだった。「はいはい。メット嫌いよね~」と視線を信号に移すが、吠え続ける次女ワンコを諫めようと助手席に再度視線を戻すと...

「あら??バイクの兄ちゃんが消えた...?」

信号まだ赤なのになんで消えたんだ...と思いつつふと視線を下に向けるとまだ新しい供えられた花束があった�A�b�v���[�h�t�@�C��

相変わらず吠え続ける次女ワンコ...うーむ、そういうことだったのか。私はどちらかというと聴覚&感覚タイプなのではっきり見えることは少ないのだが、しっかりと見えてしまった。

さらに後日談がある。その翌日、仕事先で普段あまり話さない若い女の子とたまたま会話した時になぜか、この話をしたくなった。話を聞いていた女の子の顔がなんか青くなったように見えた。

女の子「それって、ファ○マのT字路んとこですよねぇ?」
私「そうそう、そこよー」
女の子「そこで2週間前に友達がバイク事故で死んだんですよ...(泣)」
私「ま...まじ?�K�[��
テーマ:本当にあった!怖い話
ジャンル:
2009年09月11日 (金) | Edit |
引き続き、電波な話でリハビリ中(笑)

仕事がらみで某所を訪れたときの本当にあった話。
先方の責任者の方とお話をしてるとき、ふと視線を感じた。責任者さまに気づかれないようにさりげに視線を感じた方に目線を向けると、ちっちゃな男の子がこちらを見ていた。

「あら、こんなとこに男の子が?」と思いつつ、話が終わってそちらを見るともう男の子はいなくなっていた。

その後、精密機械系がたくさんあるフロアーを見学していたとき...さきほどの男の子がフロアーの中をちょろちょろかけまわってるのが目に入った。

「あら、こんな所に子供がいたら危なくないのかしら」と思わず呟くと、近くにいた女性の社員さん(以下Sさん)が「もしかして、男の子見えるんですか?」とすごい勢いで聞いてきた。

え...? 見えるってどういうこと?

Sさんから聞いた話によると、この職場では時々「男の子」が目撃されるらしいが、実際に男の子がそこの社員の誰かの子供とかそういうこともなく実在していないとのこと。ようするに、見える人にしか見えない男の子ってわけだ..�т����

「私はあまり怖いって感じはしないんですけど、たまにイタズラをするのが困るんですよ」とSさんが話し始めたと同時に、あちこちで機械のアーム音が鳴り響いた。「あ、まただ。ちょっと待ってください」とSさん。

Sさんの説明によると、機械のセンサーより内側に手を入れたりするとアラームが鳴るらしい。人がいて作業中だと鳴ってもおかしくないけど、誰もいないのに鳴るのは普通ないとのこと。
しかーし、たまに誰も機械のそばにいないのにアラームが鳴ることがあり、その直後に男の子が目撃されることが多いという。Sさんも何度が目撃しており、そのことを「いたずらする」と言っていたのだった。

このネタは、昨日の記事へのコメント読んでいて思い出したのだけど、霊が電気が好きっての本当かも~って思わせるような出来事でした。

今思えば、その男の子...いまはときめく加藤清史郎くんっぽかった(爆)
個人的には、須賀健太くんがちっちゃかった頃のが好きだけど~(おい)
テーマ:本当にあった!怖い話
ジャンル:
2009年09月12日 (土) | Edit |
電波でリハビリはちょっとお休みして...(ってまだつづくのか?)

今まで散々「スイッチが切り替えられなくなってる」や
「過集中レベル4になっちゃう」とか書いてきたが、
そのはまってしまったものとは『インド占星術』である。

基本的に"宿命は変えられなくても運命は自分で切り開く派"なので「大殺界...それが何?」って感じで占いってものにはあまり興味がなかった。4~5年ぐらい前に、西洋占星術のホラリーを少しかじったことがあったけど、ピンとこなくて...すぐにやめた。ちょうどその頃にインド占星術関連のHPにアクセスしたけれど、ぱっと見た印象が「なんか理数系?」って雰囲気で、即却下だったのであるが...

今年の春、久しぶりに会った友人から久しぶりに"インド占星術"って言葉を聞いて...そうえいば昔サイト見たよなぁと、あらためて関連サイトを読み始めてみると...

なんか面白そうな予感...うっ、はまるかも...

そして、どんどんとドツボにはまってしまったのであった?A?b?v???[?h?t?@?C??

幸い日本では知名度が低いようで、日本語で出版されてる本がほとんどなかった。って、本当は幸いじゃないんだけど、でも際限なく出版本があると全部手に入れたくなって実際に行動に移しそうになるので、そういう意味で幸いということである??

しかーし...それも過集中がレベル3前後だった時の話で、レベル4近くなった頃から情報が足りなくなり、洋書にまで手を伸ばし始めてしまった...(まぁ、それでも洋書って部分でストッパーはかかってるが(爆))

まぁ、なんでそんだけはまったか~ってのは、占星術カテなんぞも作ってみたのでそのうちボチボチ書いていくとして(本当か?) 次は過集中を分散させてスイッチを切り替えする方法について書いてみたいと思う。とは言っても、完成形の解決策じゃないんだけどね(^^;
テーマ:ADD/ADHD
ジャンル:心と身体
2009年09月13日 (日) | Edit |
過集中の分散方法について語る前に(えらそー)、書いておきたいことがある。最近レベル4を体験して「やっぱりなぁ」と確認したことである。まず...

過集中がレベル5...『神の降臨』の域に達すると短命だということ。

ようするに、過集中期間は短く継続的に続かないと言うこと。
だいたい数日~半月ぐらいで、いったんスイッチが切れると極端な話し次がない(爆) 洋裁がいい霊...もとい例で(^^; 前に記事にした親子でお揃のワンピを作りまくってから一度もミシン使ってない。"絵"なんて中学のあの白黒写真みたいな絵を描いて以来は、興味も才能もなっしんぐ~って感じだし...���[��

ということは...レベルが下がると過集中期間と継続期間がどんどん長くなるのか?今まで過集中になった出来事を思い起こすと確かにその傾向がある。『レベルが下がるほど継続期間が長くなる』ようするにレベルと期間が反比例するということだ。
しかーし...今回また過集中がレベル4に入ってしまい対策方法を模索してるうち、あることに気づいたのだ。それは...

気づかないうちにその法則を変えることをやっていた...ってこと。


その法則を変えることというのは、以下にあげる過集中レベル3を越えた時の2つのケースを比べた時に見えてきたのだった。

~ケース1~
20歳代半ばの時、自己啓発に興味を持ち数冊の書籍を読み始めたらいっきに過集中がレベル4に上がってしまい、某○ポレオン○ル・プログラム(爆)まで購入したという熱の入れようだった。�K�[�� 
それが1年半ぐらい続いたが、スイッチが切れてしまうと「何でこんな散在したんだろう..」という後悔(あほだぁぁ)

そして30歳代後半になって自己啓発熱が再燃...定番のマーフィーから始まって海外・国内の著者の関連本(多分80冊近かった(^^;)そして関連教材を買い漁ったり、関連ワークショップに足を運んだり...約2年近くつづきそしてスイッチが切れた...���[��

このパターンの時はスイッチが切れるとまったく興味がなくなる...最悪は後悔する場合も。そして、私の過集中歴を通して(大げさっ)レベル4に達したものは、ほぼこのパターンである。

~ケース2~
20代後半の時(ちょうど自己啓発スイッチが切れた後(笑))東洋医学の勉強にはまった。その時も「ただ興味がある~」というレベルからどんどんレベルが上がっていきレベル4になった。関連の講座に出たり本を買い漁ったりで1年ぐらいスイッチが切れなくて、やはり日常生活困難になっていた。しかし、いったんスイッチが切れるとまったく興味がなくなってしまうというこれまた「今までの投資はどうするのよ?」な私であった��������

それから数年後くらいにまた東洋医学熱が再燃した。過集中レベル3を越えた頃、ふとしたきっかけでホメオパシーに興味を持ち、だんだんと過集中のエネルギーがそちらに移っていった...が...どっちも同じ代替療法という分野であるということで、東洋医学のスイッチが切れることもなく過集中は7/3ぐらいの割合になった。そしてフラワーエッセンスにも興味が出て情報収集を始めたところ過集中が分散され始めて、多分5/3/2ぐらいにエネルギーが分散されていたと思う。その状態が3年ぐらい続いた後、愛犬達とのアジリティ競技生活(笑)に過集中のスイッチが切り替わるのだが、長女ワンコに慢性病あったため再びホメオパ熱が再燃...それからはレベルは1~3ぐらいの間で、代替療法(ホリスティックケア)関連に対する感心が消えることなく今に至っている。

このケース2のパターンが、法則に当てはまらないパターンであった。
なんか読み直したら文章わかりずら~い(--;) が..次回もつづく(爆)


テーマ:ADD/ADHD
ジャンル:心と身体
2009年09月14日 (月) | Edit |
昨日のつづきがまとまらないので、再び電波系な話題でも~(爆)

かれこれ15年位前の職場の"営業所長(仮にA氏)"にまつわる話である。
事務系な仕事だった私は事務所にほとんどいる(そりゃそーだ) そして普段は平和な事務所だったが、A所長がいると頻繁に電波な出来事が起きたのである。
よくある順に箇条書きしてみると...

・ラップ音(ようするに原因不明な音が鳴る)
・電気がバチバチ(交換したばかりの蛍光灯が切れたことも)
・事務所の鍵が勝手に閉まってる(誰も閉めてないのに)
・ないポケベルの音がする。

ラップや電気はまぁ気にしなければいいとして(なのか?) 鍵はかなり迷惑で...日中用事で帰社した営業社員や取引先の人とか、いつもと同じ感じでドアを開けようとすると"がんっ"って感じで開かないわけだ。そのたびに「またかよー�{��」と思いつつ鍵を開けなくちゃならないのが面倒だった。

"ないポケベル"の音というのは、その日は朝から書類作ってたA所長が外にランチに出た時のことだった。所長のデスクの引き出しからいつもの所長のポケベル音が鳴り響いていたので、戻った所長に即「引き出しの中でポケベル鳴ってましたよ」と伝えると...「ポケベルなら持ってるけど」と言うではないか。念のため引き出しの中をその時に事務所にいたメンバー全員で確認したがやはりポケベルは入ってるはずもなく、しっかりと所長のバッグに入っていたのであった。この時の音はかなりリアルだったので印象深く記憶に残っている。(ちなみに当時は携帯は高価であまり普及してなかった時代だ��)

このような現象には特に怖いという感覚はない私であったが、このA所長にまつわる出来事で私を含め社員全員を恐怖で凍らせた事があった。それは...
営業社員達のスキルアップの為に、現場でのA所長の営業トークを録音することになった。そして録音した翌日の朝礼後にその事件が起きた...「それでは昨日録音したA所長のテープを聴いてみましょう」ということになりテープをかける新人のK君...10分ぐらい軽快に営業トークを繰り広げるA所長の声が事務所に響き渡る...そしてそれは起こった....
「なむ・・・・・・だ・・・・・・つ・・・・」A所長の声とかぶるように、低くこもったような念仏を唱える男性の声が聞こえてきたのだ�K�[��

慌てて社員の一人がテープを止める。「今のは何??」恐る恐る巻き戻して聞き直してみると...やはりその不気味な声がかぶって録音されている。時間にして約20秒ほどである。
「ねぇねぇ、あの近くにお寺とかなんかあったっけ?」と録音担当した社員と所長に皆が詰め寄るが、録音担当の社員は「お寺なんかないし、昨日の録音時にこんなお経なんか聞こえませんでしたよぉぉ�A�b�v���[�h�t�@�C��」と真っ青になっていた。

この後のことはあまり詳しく知らないんだけど、どこだかの神社に持って行って除霊してもらったとか...。
私の場合電波体験って一人より集団で経験した方が怖く感じるのだが、内容が内容だし集団体験だったしでこの事件は今でも思い出すと(こうして書いていても)背筋に鳥肌が立つ感じなのであった。
テーマ:本当にあった!怖い話
ジャンル:
2009年09月16日 (水) | Edit |
歴史的一日となったことをお祝いして...(大嘘)
旦那@出張を駅まで送る見返りにここでお昼をおごってもらった。
(ジモピーの間では「新鮮でボリュームたっぷり安くてうまい」で有名なお店)

この季節、回転寿司ではさんまオンリーになりそうなぐらい秋刀魚好きな私�n�[�g
そんな私が注文したのは、もちろんこれ。

新サンマ刺身定食(右はサンマのア~ップ(笑))
さんま定食  さんま

サンマは満足の1本分だし、画像じゃわかりずらいけどアジフライは肉厚でめちゃ大きく"おまけ"にするにはかわいそうなぐらい(爆) 
やっぱ秋刀魚は最高っすー 


テーマ:日記
ジャンル:日記
2009年09月16日 (水) | Edit |
過集中の度合いと継続について分析していたら...なんか今までupしてたのもちょっと違うような気がしてきた。ここで「なんでや?」とさらに深く分析したくなる時もあるが「どーでもいーやー」ってなることもあり、今回は後者の気分(。_・☆\ ベキバキ というわけで、今日はこのネタ(おい)

ワーキングメモリー不足対処方法
って...そんなだいそれたもんじゃないけど...��

鍵・携帯。。。その他もろもろ普段使うもの。
これらがしょっちゅうなくなります。正確には置いた場所を忘れてしまう。これが単純にアホ...や、物忘れが激しいってことじゃなくワーキングメモリーの問題であると気づいて、何か良い対処方法がないかと考えました。

まず、私の記憶に関する特徴を分析してみました。
「記憶は鮮明な動画or音声で再現される」ことが多い。

そこで、最初に考えたのが、携帯や鍵を置くときに「玄関に置いた」「ソファーの上」とか声に出して置くという方法です。確かに「ない」と思った瞬間に「ソファー」とか自分の声が再生されて場所がすぐ思い出せました...が...置くときに声を出すのを忘れることの方が多いやん�������

考えてみれば、声に出すというアクションを取れるほど行動を意識出来ているなら忘れないような気もするし(おいおい) というわけで、聴覚使うのは諦めもうひとつの方法を使ってみることにしました。

携帯や鍵をパソコンの前に置く。その置く瞬間の自分の手の動きを脳に焼き付けておくわけです。で、この方法はかなーり良い感じです。思いがけず思い出すトリガーもおまけでついていたのです。

「あれ、どこ行った~?」となった時に「エアー携帯置き(ようするに手を動かす(爆))」をやったところ、置いたときの映像が頭に浮かびました

これを何度も繰り返すうちに、思い出す確立もかなりあがってきました。
もちろん、ほんとーーーーに無意識(爆)でやっちゃった場合は無理ですが(--;)
でも、今のところ前に比べると6~7割は思い出せるようになっています。

で、この話を同じくワーキングメモリー不足で年中カギを紛失している友人に話したところ、同じような対処方法をやっていて同じように成果をあげていたとのこと。うーん、波長の法則?(笑) 
友人の場合はカメラアイなので、置いた瞬間を画像として切り取っておくそうな。うーむ...そっちの方が便利そうだ。うらやましい(爆)
テーマ:ADD/ADHD
ジャンル:心と身体
2009年09月17日 (木) | Edit |
昨日から過集中のことを考えていたら頭の中で思考がループして爆発しそうになった。なもんで、夕方から気分転換かねて昔の職場のKさんを誘ってお茶しにおでかけ。なーんて、実はそのKさんに占星術勉強の研究材料になってもらおうと、出生情報&人生の主要出来事の事情聴取(爆)が目的だったりして??

ワンコはお留守番なので某所のスタバ@店内にて待ち合わせ(笑)
メインは占星術の話になるはずだったのが...なぜか話題はあらぬほうへ。
久々に会ったので、まずは近況報告などで盛り上がっていたらKさんが突然
「占いと言えば~、風子さんタロット占いとかもやってる?」と...(^^;

「やってるというより、やってたというか...遠い昔に..」と私。
「じゃぁ、是非これで占ってみて」とバッグから何やら取りだした。

うーん、確かにタロットだけどなんか絵が面白いと感想を言うと、某リュウジ氏のタロットだとか(爆) 2年ぐらい前に本屋の占いコーナーで見つけて衝動買いして自分で占ってみたものの、ぜんぜんうまく出来ない(当たらない)のでしまい込んであった。で、私から占星術の実験台になってと話があって占いつながりで思いだして、しまい込んでいたのを掘り起こしてきたそうな??

やってたのってかなり大昔で忘れてるよーと言いかけてふと思い出す...10日ほど前、某○クシィの某コミュにて(^^; 今までの自分の占い歴について書いた内容を。その記事のタロットに関する部分を抜粋してみると...

~タロット~
高校生ぐらいからやってましたが、ほぼ自己流(笑) タロットの絵を見てると脳内に音楽が流れるのでその曲調のイメージで適当に占ってました。友人には当たると言われたけど、自分に関してはさっぱり当たらなかったので、後に解説本を買って自分を占う時だけ左脳使ってました。


やってたの20代半ばぐらいまでだから本当に大昔だ(核爆)
「昔友人にやってた完全自己流なのでいいなら出来るかもだけど」と言うと、「うんうん。それでいい」とKさん。
スタバの一角は怪しい雰囲気につつまれてしまった?A?b?v???[?h?t?@?C??

昔持っていたタロットカードはオーソドックス系が2種類だったけど(何度かの引っ越しで紛失) Kさんが持ってきたカードは絵柄が個性的で音だけでなくインスピレーションも沸きやすくってけっこう楽しかった。懐かしのケルト十字で占ってみたら「おお当たってる」とKさんは喜んでくれたけど...
インド占星術に過集中の私は複雑な感じ...であった(^^;
もちろんその後で、ちゃんと事情聴取(これが知りたかったのよー)はさせてもらったが。おかげで帰宅が22時ギリだった(任侠@最終回セーフ(爆))

しかも「私、使わないし良かったらあげる」と、そのタロットもらってしまった。タロットについてちょこっと記事に書いたら、シンクロしてタロットがやって来た。
うーむ..これは喜ぶべきなんだろうか?(。_・☆\ ベキバキ

ちなみに、Kさん「解説本はついてなかったよ」って言ってたけど、帰宅後にAmazonnでチェキしたら...えっと...ついてたみたいでjumee??b
そういえば、Kさんって私と反対で長期記憶が苦手だったなぁと思い出す(笑)
まぁ、解説本あってもどうせ読まないしいいんだけどね~。

それにしても某リュウジ氏ってなんでも網羅してるのね。
これが、そのカード。ソウルフルタロットって名前らしい。
タロット
テーマ:占い
ジャンル:
2009年09月18日 (金) | Edit |
最近発売になったユニクロシューズ。
期待せずにオンラインカタログ見てみたら、ブーツはXLまであった。
一応ワイズも3Eみたいだが、コンバース系は25.5@紳士用な私なので微妙だ��
そろそろ女性用靴サイズ規格を26ぐらいまでにしてもいいんじゃないの。←自己都合(爆)

最近では、すっかりシマラー(^^;な私だけど久々にユニクロシューズ見に行ってみようかなぁなどと思いつつ...一番気になるのはRight-onだったりして。
でも気になるのはデニムとかじゃなくてCMキャラの...(。_・☆\ ベキバキ

値段的には シマムラ < ユニクロ < ライトオン なので、つばさちゃんのファンじゃなくても、すっかりシマラーなんだけどユニクロが台頭するまではよくライトンでお買い物していたんだよねー。信じられん(おい)

そうそう...ひっさびさこの秋の月9はめっちゃ楽しみだぁぁ�n�[�g

テーマ:日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。