--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年02月28日 (火) | Edit |


私の右足親指の爪を上から眺めたところ
まるで、この”つ”というひらがなのような形をしていた。
(あ、実際には向きが逆。鏡文字にした感じね)

このひどい巻き爪のおかげで年中流血していたし、白系のシューズを履いていた時など流血で靴が染まるほどひどかった。左足親指も流血までとはいかないまでもやはり巻き爪だった。

これがきっかけで、自分の靴の選び方が間違っていたことに気づいてから数年...夕べなんとなく自分の素足を眺めていたら...あることに気づいた。

 が になっていたのだ(≧∀≦)

使用前・使用後じゃないけど、ひどかった時の指@爪の写真を撮っておけば良かったと思うくらいの変わりように自分でもびっくりした。「靴のせいで変形した」のだから「靴のおかげで変形(元に戻る)する」のはあり得たことなんだけど...実際に体験してみてやっとそれを実感した感じだ。


巻き爪で苦しんでる人の目に少しでもふれるように、現在冬眠中(笑)の前ブログに載せた記事の一部を抜粋@構成して下記に転載しておく。

****
~日本人に多い勘違い。~
パンプスなどの先の細い靴や小さい靴を無理して履いていると外反母趾になると言われていますし、実際にそうです。しかし..逆に自分のサイズよりも幅広の靴を履くことによっても外反母趾になるということ知ってましたか?

よく聞くのは、日本人は実際のサイズよりも自分が幅広だと思ってる人が多いと言うことです。靴の大型専門店でもない限り、Dサイズ以下が置いてないという靴屋が一般的でしょう。

足の痛みに悩んでいた友達は、靴屋で履いてみるとどんな靴でも入ってしまうのでワイズ(幅)については考えたこともなかったそうです。それが何を意味するかというと自分の足より幅広の靴を選んでしまった場合、足が幅広に変形してしまう可能性があるということ、つまり開帳足になりやすいということで、実際に友人は開帳足になってしまってるわけです。

ここで、皆さんも是非自分の足囲(ワイズ)を計ってみてください。
用意するのはメジャーだけ。

親指と小指の付け根のあたりをぐる~っと一周計ってください。
(一番でっぱってる部分です)
この時に、両足に体重をかけた状態で計りますが、椅子とかに座って足を浮かせた状態で計ったサイズとの差が大きいと開帳足(こんにゃく足)です。(足の長さにもよりますが23.5cmの人なら差が1cm以上)

ついでに長さの方も計ってみてください。けっこう予想外のサイズに驚く人も多いはずです。長さは身長を横にして測るような感じで(笑)厚みのある辞書を2冊使ってもいいかも。

長さが23.5cmの人の足囲(ワイズ)をピックアップしてみると


A~207mm
B~213mm
C~219mm
D~225mm
E~231mm
EE~237mm(とりあえずここまでに)


どうでしょう?今まで自分が思っていたのと同じでしたか?
「同じ」って言う人はちゃんと足を知っている人。

私は巻き爪で痛い思いをした時に「え?これが私のサイズ」と自分の本当の足のサイズを知りました。はっきり言って日本製の婦人靴は全滅に近い(フルオーダーじゃないと)サイズです。

子供の頃から足が大きかったので小さい目の靴を履いていたおかげで、お決まりコースの外反母趾になりました。そんな私の足を決定的にボロボロにしたのは、通販で買えるようになった大きなサイズの靴です。25.5cmワイズEEEこれが私が通販で買うときのサイズでしたが...実際のサイズは
263mm ワイズD だったんです

当時は、靴の指先に"遊び"という空間が必要というのを知らなかったので履いて長さがぴったりなのがOKだと思ってました。本当の長さは263なのにきっとその分を自分のサイズより大きめのワイズがカバーしちゃってから履けたんでしょうけど、そうすると「足が前にいってしまう」という現象が起きます。

つまりワイズが緩いわけですから指先の遊びが0になってしまうんですね(靴の中で足が動くので)巻き爪になってしまった頃は合わない靴を履いて運動していたわけですから、子供の頃に小さい靴で痛めつけられていた指はひとたまりもなかったんじゃないかと...靴の上から流血がわかるほどでかなりびっくりしました。その後は、半年はまともに歩けなかったですから。

*****

転載ここまで。


日本は欧米と比べて『靴』文化じゃなかったことが、この誤解を生み出してるんでしょうかね。巻き爪の痛みはほぼなくなった私ですが、外反母趾の影響は残ってるので長距離をジョグ&ウォークした後で若干の痛みがまだ出ます。でも一時期よりはかなりましになってきたので、やはり靴のサイズ選びは大事だってことを痛感しています。

スポンサーサイト
テーマ:健康
ジャンル:心と身体
2009年12月23日 (水) | Edit |
気がつけば...今日は23日ってことは明日はもうイブで今年もあとわずかってことですねahaha;*にもかかわらず..大掃除の「お」の字も終わっていない..ってのは毎年のことで今更じゃないんだけどバクダン

実は年内中にやらなきゃいけない「大掃除」よりも大事なことがある。
それは、来年の目標を整理してブログに宣言しておくことだ。(って掃除より大事なんかいガーン

これはセルフマネジメントの一環として、このブログを10月に始めた時から決めていたこと。自分だけで密かに決意するのでなく、知り合いの目にふれるであろう場に宣言することによって「意識」に落とし込むというか...行動に結びつけやすくするため。←が実際に有効かどうかを実体験して検証したいという目的がある汗

とりあえず、ひとつめの「アナログ手帳を活用する」という目標は宣言してみたものの、ふたつめ以降を迷ってるのは、どのレベルに『ハードル』を設定するかで悩んでいるからである。

例えば...アメブロを始めたとき『ハードル』はあえて高めにしてみた。私を昔から知る友人ならご存じのように、私は毎日こつこつということが大の苦手。だからblogをやってても、年中フリーズしたり冬眠したり(爆)

ブログがフリーズしちゃう理由のひとつに思考のアウトプットがうまく出来ないということがあり、それについては今まで書いてきたようにかなり解決方法が見つかってきた。だからあえて「とりあえず毎日記事をupする」ではなく「毎日3記事以上を年内いっぱい継続する」というハードルにしてみたのだ。

今のところの結果としては、3記事以下の日もあったものの、たぶん平均2記事以上をスタート日から継続することが出来ているはず。もしハードルを低めの「とりあえず毎日つづける」にしていたら、upしない日もあったんじゃないかと推測している。

またスポーツを例にしてみるが...高校生が何かのスポーツで「県大会で優勝したい」と思ったとき、まんま「県大会で優勝する」という目標ではなくレベルをあげて「全国大会で優勝する」に設定した方が「県大会優勝」の可能性が高くなるはずだ。しかしレベルが「県優勝はかなり頑張れば可能性がないこともないな汗」ぐらいな場合ハードルをあげすぎて「世界大会で優勝」などと設定してしまうと「無理だよなぁ」という気持ちが働いて「県大会優勝」さえも自信がなくなってやる気が失せてしまうかもしれないので要注意だ。

もちろん目標を大きく持っていけないということではない。最終目標を達成するためにその前でつまずかないような『目標設定』とそれをクリアするための『ハードル』設定が大切であるということだ。実現する可能性が高い『目標設定』について箇条書きにすると以下になる。

『目標』・・達成するイメージがしやすいものにする。
『ハードル』・・あえて高く設定する。(しかし高すぎるのは×)


そして最初の目標をクリアしたら、次の『目標設定』をする。これを繰り返して行くと、最初には「絶対に無理」とそれが実現することすら想像出来なかった「最終地点」に近づくことが出来るのである。

ぴん!目標設定なんてやったことないわって人へ
最初の『目標』と『ハードル』を簡単に実現出来るレベルのことに設定して、実現体験を積み上げていくことをお勧めしますニコ
テーマ:セルフマネジメント
ジャンル:ビジネス
2009年12月21日 (月) | Edit |
もし「あがり症」を克服出来れば、あがってしまって普段の実力を発揮出来ないということをさけることが出来るだろう

昨日書いたポイントをさらに違う観点から見ると、あがらないためには「平常心を保てる強い心」を育てることが大切であると言える。

「平常心」っていうのは「無心」に近い状態でもある。

何も考えてないのだから「失敗するかも」「無理だ」「うまくいかない」と思うこともないし「うまく出来ないところを他人に見られたくない」なんてことも思わないわけだ。そして、無心であるということは心の奥底で「失敗したらどうしよう?」と考えることによる思考の現実化がないということになり...つまり失敗しないということになる。(ちょっとくどい?困った顔

では...どうしたら平常心になれるのだろう?

試験の時に平常心でいられる スポーツの試合で平常心でいられる

その境地に達するためには「ゆるぎなき自信」を持つほど練習・勉強したという「根拠」が必要になるだろう。
まず、そこが原点であり...スタート地点になる。

それでもメンタルが弱いと
「まだ努力が足りない」「まだ練習が足りない」そう思って緊張してしまう。

淺田真央選手がグランプリシリーズでトリプルアクセルを失敗した。そんな彼女がプルシェンコの演技を見て「練習でも試合でも何回飛んでもまったく失敗しないそんな状況を作っておけば絶対に失敗しないようになると思いました。だからもっと練習します」と話していた(言葉はちょっと違ったかもだけど意味はこんな感じ)素人から見たら「あんなに練習してるのに」だけど、当人から見たらまだ根拠になるほどの練習量に達していないのかもしれない。

しかし、どんなに根拠になるほどの練習、全ての選手に負けない練習をしていたとしても...最終的に「平常心」になれなかったら、その努力が無駄になってしまうかもしれないのだ。

オリンピックに出て金メダルを狙うというようなプレッシャーを想像すると、どれだけメンタル鍛えたら平常心でいられるんだろうと気が遠くなるようでもある。しかし、私たちが日常遭遇するような場面でのプレッシャー...これに打ち勝つのもやはり「平常心」になることがカギなのである。

テーマ:セルフマネジメント
ジャンル:ビジネス
2009年12月20日 (日) | Edit |
人間なんてジャガイモだと思え

よく、人前であがる人に「人」と書いて飲むとか
壇上から見る人間はジャガイモだと思えってのあるよね。

でも、それってどうなんだろう?...ジャガイモpotato*...本当にドキドキしてる人にそんなこと言ったって「ジャガイモ」には見えないんじゃないかな。いくら「人」って書いて飲んだって気休めぐらいだろう。

人はなぜ「あがる」のか考えてみると...『失敗したくない』からであり、それは他人から「失敗を見られたくない」わけで、人からよく思われたい・人から嫌われたくない そういう気持ちの表れでもあるのではないだろうか?

実は、私は20代ぐらいまで人前でまったくあがらなかった。
(今も「あがり症」ではないけど、全然あがらないわけではない)

なんで「まったくあがらなかった」か?障害を理由にいじめにあったことにより「内面でなく表面でしか人を見れない奴らは愚かで醜い」って心から思っていた。だから、そんな人達に嫌われようが煮て焼かれようが困った顔どうでもいいって思ってた。まぁ、心が凍っていたような感覚かな。

そうすると人前で何かをしたときに、それが「失敗しようが成功しようが」そんなのどーでもいいのね。自分が満足出来ればそれでいいみたいな感覚。

中学時代は英語が好きだったから、なんとなく「ネイティブ」っぽく発音することに快感を覚えていたahaha;*で、英語の弁論大会クラス代表に選ばれて発表することになったときも「うまく出来てるって皆に思われたい」とか「失敗して嫌われたくない」とかまーったく考えてもいないから、聴衆側にはスポットがあたってなくて、いかに「それっぽく」聞こえるように話せるか~を楽しんでいたわけ。(自分側だけにスポットがあたってた) だから、あがるなんてことがなかったわけだ。

その経験から学んだのは...
「他人の目を気にしない」
「うまくみせようと思わない」
「成功とか失敗じゃなく楽しんでやる」
「自分の世界に没頭する」


「あがらない」メンタルを作るためには、こられのことに意識を向けることを心がけることが大切なのである。
テーマ:セルフマネジメント
ジャンル:ビジネス
2009年12月11日 (金) | Edit |
つぎに継続出来ないこといろいろを検証していて気がついたことがある。
どれもこれも同じなのである。

~私にはADHD的特徴があるために普通の人が出来ることが出来なかったりします。その中に整理整頓みたいなことがあり、これも継続出来ません~

で、アゲアゲ↑みたいなことを省いた、最初の記事に書いた英会話を筆頭に全ての「継続出来ないこと」は、ダイエット関連の記事で書いたこととまったく同じ事が言えるのであった。

この記事
で書いていることを「英会話」に当てはめてみるとわかりやすい。
↓以下に自己問答

「英会話」を勉強するぞ!
目的は何ですか?
「英語を話せるようになりたいのよ」
なぜ話せるようになりたい?
「・・・・だっていろいろ出来た方が...いいよねぇ」
出来ると何がいいの?
「それは、いろんな資料読んだり便利だし」
じゃぁ、リーディングに困らなければ話せなくてもいいのね?
「そう言われればそうかもしれないけど...汗

はい。こんなん出ました~(爆)
いえね、確かにネット社会の今、英語出来れば海外サイトのいろーんな情報を収集して便利だし、実際に犬の病気について調べるのに海外サイト読んでる。そう読むだけなら電子辞書やら翻訳ソフト使えばある程度は読めてしまうんですよね。会話するわけじゃないし英作文書かなくていいし...

つまり...会話が出来るようになるってのは「海外旅行で便利」ぐらいの軽いノリでしかなく、今のレベル(幼稚園児ぐらいの子との会話?)ぐらいあればまぁ日本じゃ何も問題ないじゃんって心の奥底で思っていたことが判明しました。

そして、他の継続出来ないことに関しても五十歩百歩だったわけだガーン

テーマ:セルフマネジメント
ジャンル:ビジネス
2009年12月11日 (金) | Edit |
継続についてのつづきです。→この記事

まず...継続出来てるものをいろいろ検証してみたが、
なかでも象徴的な2つをピックアップしてみる。

(1)潜在能力開発
このテーマの記事を読んでもらうとわかるように、瞑想やら呼吸法やらいろんなことをやってきた。たぶん人生の大半を費やしてきたぐらい継続していることだと思う。

では、これがなぜ継続出来ているのか?
それは「なぜこれを実行したのか」を考えたらすぐに答えが出る。この記事で書いたように子供の頃の勘違いから始まった「精神修行ahaha;*」それが潜在能力開発なのだ。
もし『化け物(※1)』として生まれてしまって...それを克服する方法があるんだよって知ったら..実行しない人がいるだろうか?人魚から人間になるために「声」を失ってもいいと思う気持ちと似てるかな(笑)←すぐそっち系汗


(2)動物に関すること(特に人間と一緒に暮らすコンパニオンアニマル)
物心ついた子供の頃から、動物と切れ目なく暮らし続けている。「犬猫禁止」な団地だった時は小動物や小鳥たち昆虫に金魚...両親が家を建ててからは犬が加わり..結婚後も同じような経過をたどって現在は3ワンコに4ニャンコ。ただ一緒に暮らすだけでなく、動物に関する生態や、動物のケアに関すること等々ひたすら飽きることなく追求し続けている。

では、これがなぜ継続出来ているのか?
理屈じゃないんです。ただ好きなだけWハート逆に「やめろ」と言われたら発狂するかも(※2)


次回は継続出来ないものについての検証です。

(※1)トゥレッターのことを化け物だと思ってるわけでなく「化け物のように思われていた」という意味で使ってます。(でも化け物じゃなくてモンスターだったらちょっとかわいいかもと思ってしまうアホアホな私ガーン

(※2)ペットをただ飼い続ける部分に焦点をあてていません。これだけだったらただの「ペット依存症」であり、継続しているのではなく中毒しているということになるからです。ここで言う継続は、その動物たちについての知識を得ること、動物たちのために役立つことを勉強することについてです。
テーマ:セルフマネジメント
ジャンル:ビジネス
2009年12月02日 (水) | Edit |
昨日の記事にちょこっと補足です。

夕べの記事で「ネットでキャラチェンジ」なんてオタクネタ...(いえいえ真面目ネタ汗)を書きましたが、変身ものみたいに「自分とちがう何かに変身する」ってことではありません。

例に出したちびまる子ちゃん@野口さんのキャラからちょっと明るいキャラになった友人...自分の心の奥底に眠っていた「本当の自分」...それが表に出てきて今の彼女になったんだと思うんです。つまり、昨日書いたキャラチェンジって言うのは「本当の自分」を掘り出すということでもあります。

もしも無理して本当の自分とちがうキャラになろうとしたら...どこかで歪みが生じてストレスで押しつぶされてしまうかも知れません。

だからこそ、あなたの『本当になりたい自分』を探し出すことが大事です。そして『なりたい自分」は本当の自分でなくては駄目なんです。本当の自分じゃない自分になりたがってしまうと...いつまでたっても、うまくキャラチェンジ出来ないし、あなたの願望を達成することも困難になるでしょうサゲサゲ


ところで..その友人の本当の自分は"野口キャラ"じゃなかったわけですが...
個人的には、野口キャラってかなーりツボで好きなんですけど~おぉ!
テーマ:モノの見方、考え方。
ジャンル:心と身体
2009年12月01日 (火) | Edit |
私のブログを読んでる友達が「このアニメを見なくちゃ駄目でしょ」と教えてくれた某テレ東アニメの『しゅごキャラ』動画探して5話まで見てたら...こんな記事が出ました~汗(笑)
(この前置きってほとんどの人は、意味不明だろうなぁ...(爆))


あなたが「対人恐怖症」などの理由があったりとっても内気な性格だったりで、人と直接会って話したりするのがめちゃくちゃ苦手だった場合...そんなあなたはきっとネットの中だったら、他人とやりとりするのを楽しめるかもしれない。所詮バーチャル..されど...バーチャルだってやるときはやりますええ!!

あなたの声(文章)に耳を傾け、ある時は励ましてくれたり自分が励ます立場になったり。そんな交流も、文字だけの世界だから恐怖に囚われることなく出来るかもしれませんよね。

もし「ぜ~~ったいネットで知り合った人とオフ(実際に)で会うつもりはないわ」と言うのなら、いっそのこと自分を「仮装minnie」させて楽しんでもいいと思う。もちろんルールは守るってのが鉄則だけど。(間違っても詐欺まがいな行為だけはやめてね>おっさんなのに少女を装うみたいなムンクの叫び

本当の自分は、引っ込み思案でスポーツとか全然苦手だったとしても「ちょっと活発なスポーツギャルahaha;*」くらい演じてもバチがあたらないと思う(笑)

もしかしてそんな演技をつづけてるうちに、実際の自分もほんのちょっと活発な性格になってくるかもしれない。いや、マジで私のパソ通時代に知り合った友人にそんな人がいる。本人曰く「昔の私ってまるでちびまるこちゃんの"野口さん"みたいに暗かった」だそうな。
「野口さんのイメージ全然ないよー」←私が会った時の感想。
「確かに野口さんだったねぇ」←私より前に会ったネット友の感想。

彼女曰く、文字の上だけど「明るい自分」を演出してやりとりしてたら、本当の自分も明るい奴なんじゃないの?って思ってきて、気がついたらちょっとだけ『キャラチェンジ』していたそうなびっくりマーク

まぁ、そんなこと望んでない人にはどうでもいいことかもしれないけど「自分のキャラをちょっと変えてみたいキティ」って思ってる人には朗報かもラブ
テーマ:ポジティブでいこう!
ジャンル:心と身体
2009年11月27日 (金) | Edit |
石の上にも三年
継続は力なり

昔からある言葉って、本当に的を射てますね。

『継続』することはとても大切です。だけど「早く結果を出す」ことにこだわったり「楽すること」ばかり考えてしまうと一番大切なこの『継続』を忘れてしまいがちです。

私にとって、この『継続』がまったく出来ていないのが、英会話です。小学生の時にカーペンターズの"Yesterday Once More"を聞いて英語が好きになりました。中学時代までの成績も通信簿で言う5だったのに...

いざ【英会話】に取り組みだしてからがダメサゲサゲだった。
「成果があがらないのはやり方があってないんだ」とか
「成果があがらないのは教材が悪いんだ」などと

何か魔法の力でも存在してるかのように、違う学習方法を探し求めていた。

本当はどんな方法でも毎日毎日繰り返してたら実になるんですよね。その忍耐力がないから、何か「魔法」があるかのごとく教材ジプシーに走ってしまう。
goこれ、私の【英会話】に対する投資が物語ってますガーン
広告で「これであなたも・・・」みたいなの見ちゃうとつい購入汗

で、最初は「お!これはいいんじゃない」ってなる。
でも、だんだん「やっぱりいまいちだなぁ」って...

本当は"継続するという努力が足りなかったんだ"って気づいたの最近です。
いや、もしかしたらもっと前から気づいていたけど見ないふりしていただけかもしれない汗じゃぁ、私って何をやっても継続出来てないのかというとちゃんと継続出来たものもあるんですよね。

では...継続出来るものと 継続出来ないもの この違いを掘り下げていったら「なぜ継続出来ないか?」という原因を探ることが出来そうなのでやってみようと思います...結果はどうなるか~(爆)またね
テーマ:セルフマネジメント
ジャンル:ビジネス
2009年11月23日 (月) | Edit |
手帳シリーズ...最後の〆として(笑)
(と言いつつ、気が向いたらまた書くかも~汗

一番大事なのは...ルールに縛られる必要はないenashika
ってことかもしれない。

【自分ルールで】
もしも、あなたが「自分の方法」でスケジュール手帳を利用することが出来ているにもかかわらず、本に書いてあったから...雑誌では『○○しなくちゃ行けない』と書いてあったからそうしなくちゃと囚われているのだったら、その必要はまったくない。

もちろん、書いてあることを試して今まで以上に管理しやすくなったり良いアイデアが浮かんだりと+になってるのならいいだろう。だけど、そうでないのなら無理して他人が勧める方法に自分を合わせる必要なんてないのだ。自由な発想で自分が好きなスタイルでやるからこそ、アイデアが浮かんだりよりよい手帳管理が出来ることもあるポイント。

【真似してみよう】 
逆に、自分のスタイルが決まってなくて「どんな風に手帳を使って管理すればいいんだろう?」と常日頃迷っているのなら、雑誌などに登場する手帳の達人の方法を徹底的に真似るのも良い。いろんな人の方法を真似てみて一番自分にフィットする方法を自分スタイルに変えていけばよいのである。

スィーツ@痩せる記事に書いた自己暗示の『成りきり方法』も使える。
かつて、高いシステム手帳を買ってしまったけど「使いこなせくて~」って話す知人に、某日経WOMAN(爆)の手帳特集号をプレゼントして、ここに出てくる○×さん(システム手帳バリバリ使いこなしてた人)のようなイメージで『成りきり方法』試してみな~って勧めたことがあった。バリバリまでいかないものの、それなりに使いこなせるようになったようであるGOOD
テーマ:セルフマネジメント
ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。