--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年02月27日 (月) | Edit |
昨日ツイートしてたことからある仮説を立ててみた。
(前記事の”02/26のツイートのまとめ”参照)

ツイートしながら気づいたのが、子供時代~高校卒業ぐらいまでのリアルに残ってる記憶の大半は一人でいた時のものだってこと。

最初は、引っ越し後にひどいいじめにあったからでは?って考えたのだが、過去に書いたトゥレット症候群に関連する記事を読み返して、ん?これってもしや...と仮説を立ててみた。(その過去記事)

小学低学年でチック発作が頻発するようになってから、授業中はその衝動との戦いだった。引っ越し前の小学校では担任の先生のおかげで、それが原因でいじめられることはなかったものの、友達の前でもなるべく押さえ込もうと頑張っていたのを覚えている。

そして親の前でも同じだ。今でこそトゥレットは脳機能障害(発達障害)のひとつであるとされているが、当時は心的ストレスで起きること。ようは『悪い癖』のようなものだって捉えられていたから、注意すれば治ると思っていた両親に怒られてばかりで自宅でも頑張って押さえ込もうとしていたからだ。

しかし1人の時は自由だった。ひと気のない裏山が好きだったのもきっと1人で解放されてたからだろうなと。学校の帰り道にある工場で飼っていたエバちゃんってワンコ(笑)と遊んだ鮮明な記憶も1人でいたときのものだ。

もちろん友達と一緒に登下校した普通の記憶ならある。それはうすぼんやりと霧がかかったような記憶だけどね。私がここで書いてる記憶と言うのは、まるで映画のスクリーンを(しかも3D風?)観てるかのような鮮明な記憶のことだ。

考えてみたら私が自由なトゥレッター(トゥレット発作を我慢しない状態って意味の造語)でいられた時って、心も解放されて自由で楽しい時間だったのだ。1人でいることもあるが、同伴がいるときもあった。その同伴とは、ありのままの自分をそのまま受け止めてくれた「動物」たちだ。だから私の鮮明な記憶の中に動物たちはよく登場する


と、また脱線しかかったので元にもどすと...

もしかして、記憶したりそれを取り出したりという部分にドーパミンという脳内伝達物質が深くかかわってるかも~?って考えていたのだが...

↑という昔の記事の仮説から推測すると、自由なトゥレッターでいられた時の脳内物質(ドーパミンかも)の影響がこの鮮明な記憶を保持させた理由なのかもしれない。

まぁ、素人の独断と偏見による仮説ですけど(笑)


スポンサーサイト
テーマ:トゥレット
ジャンル:心と身体
2009年11月19日 (木) | Edit |
このあいだ『天才をつくる!ガリレオ脳研』で脳を鍛える本の内容の紹介をしていた。「バカはなおせる」ってある意味凄いタイトルの本(笑)

TVはちゃんと見てなかったけど(おい���G)この本を先日本屋でみかけたので、ちらっと速読@立ち読みをしてみた。

その中に「貧乏揺すりすると覚えたことが思い出しやすくなる」みたいなことが書いてあった。リズミカルに手足を動かすことが脳にも一定のリズムが伝わって記憶が出てくるみたいな?(ざっと目を通しただけなので解釈違ってたらすみません�A�Z

思わず「やっぱりぃぃ」って普通の声で呟いてしまった(核爆)
(けっこう本屋さん人がいたので注目浴びて恥ずかしかった�˂�

えっと...脳科学者でもないけど...私が勝手に推測してたこと。

私たちトレッターはドーパミンが過剰に出るがゆえに(という説)手足が勝手に動いて止められなくなるという現象が起きたりする。ADHD的の"急にスイッチ入ったり切れたり"みたいなものも、ドーパミンが多すぎたり足りなかったりが原因という説もある...で、思いっきり過集中入ってる時ってめちゃくちゃ記憶力スイッチが入るし、トレット発作を制御して勉強したり答えを導きだそうとしていたときって、頭に霞がかかってるように思い出したり記憶するのが困難になったり。

もしかして、記憶したりそれを取り出したりという部分にドーパミンという脳内伝達物質が深くかかわってるかも~?って考えていたのだが...

本には「ドーパミンは脳の活動を活性化する」って書いてあった。ほらぁ...ドーパミンというと「ゲームしてドーパミンが出るのは麻薬みたいだからよくない」てきな内容が書いてある本があったでしょ?だから子供のゲームはよくないみたいな。

でも「子供の教育としてゲーム(もち時間のルールを守る条件で)を勧める」みたいに書いてあったので...思わず「トゥレット症候群ばんざーい」と思ったのだった(核爆)

だって「覚えたこと思い出すために貧乏揺すりしなくちゃ」と無理しなくても貧乏揺すりなんて楽勝だもんね~(核爆)←なんか喜ぶ方向間違ってないか?�I�H

テーマ:ポジティブでいこう!
ジャンル:心と身体
2009年10月02日 (金) | Edit |
~速読~
"速読"という技法を知ったのは小学高学年の時だったけど、
練習を始めたのは中学生になってからだったと思う。

小学時代から本が大好きだったけど、トゥレットがひどくなると集中して読んでいられない。それじゃぁ短時間でたくさん読めるようになったらいいじゃんって言う子供な発想で、速読方法の書いてある本を買ってきて練習した。
巻末には「速読教室」情報もあり、通ってみたいなぁと思ったものの田舎在住者には叶わぬ夢...(爆) でも後になって思えば「本に載ってた方法」だけで十分に練習出来たと思う。

呼吸法で書いた"丹田式呼吸法"ってのは、この速読の本に載っていて知った。でも速読やる上ではあまり関係ないような気がしたから速読の前に呼吸法をってやらなかったけど、ちゃんと速読出来るようになった。当時の練習方法は...

集中して目を早く動かす。
文章を1行ずつでなく、数行単位をかたまりとして読む。
斜め読み(本を斜めに横断していくような目の動きで読むこと)


昨年、友人がDSソフトで「速読」を買ってみたと言うので、借りてやってみたけど...当時の練習方法と似ているし、楽しく練習できるので子供とかにもお勧めかも~と思う。

速読しているときは、かなり集中するのでトゥレッターだけでなく注意力散漫になりやすいADHDにも役に立つような気がする。ディスレクシアを併発している場合はケースバイケースではあるものの、障害のタイプによっては識字能力が改善したという話は聞いたことがあるが、個人的体験から言えることとしては...まず「本が好き」ということが前提で

集中力が途切れて最後まで読み切れない。
読書中に違うことに気がそれたことにより読書してることを忘れてしまう。
運動チックで本を読むことに集中出来ない。

これらの改善には、そうとう役に立つということだ。
テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体
2009年09月30日 (水) | Edit |
~呼吸法~
呼吸法ってのは何をするのでも基本だし、とっても役に立つ。
私が最初にやった呼吸法は丹田式呼吸法だった。

他にもヨガ式だったりいろいろやって最終的にわかったのが、
○○式とかこだわると長続きしないということだ(爆)

この辺はADHD傾向も関係するかもしれないが、よほど過集中が入ってない限り形式的なことを定期的につづけるという行動をとれないのが私の特徴のひとつだ。なので、一日の中で一番リラックスしてる時間(一番多かったのは浴槽の中かな(笑))に思い出したら実行する。ということを続けてきた。やり方は

ゆっくり深く息を吸い込んで....ちょっと留めて...そしてゆっくり吐く

これだけ。丹田(へそのすぐ下)を意識して~などなど、何か形式的に覚えてやらなくちゃと考えてる段階でリラックス出来ないし、究極「ただ、ゆっくり大きく呼吸する」だけでもOKだったりします。何年もやってれば、だんだんとバリエーションにも対応出来るようになります。


read more以降には、昨日の予告編のつづきというか補足ですが...
私のトゥレットの症状について書いておきたいと思います。
[READ MORE...]
テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体
2009年09月29日 (火) | Edit |
昨日"ありのまま"って記事をアウトプットした後も、脳内のざわめきはおさまるどころかだんだんとみんなが(脳内に飼ってる考えるくん達が)好き勝手に騒ぎ出して困った。とりあえず、一人聖徳太子で頑張ってひたすらポメってみた...気がついたら0時過ぎてたし...���[��

げ~~~!�т����スマスマ録画予約しといて良かったよーと胸をなで下ろしながら、風呂上がりにビストロのヒロのとこだけ観たのであった(爆)ワイルド系もめっちゃいけてるやーん�n�[�g

おっと、話を元に戻して...
前に夕べみたいな状況になった時ボイレコで失敗した。で、声に出さなくていいタイピングならなんとかいけるんじゃないか(自動書記みたいに)って思っていたが、まぁまぁイケてたみたいでPomeraのデータをパソに取り込んでみたら、かなり大量の文章が入力されていた...が、しかーしである。所詮"脳内聖徳太子"はいるはずもなく、勝手気ままに語る奴らの言葉は統一性もなく、Pomeraの貧弱変換機能のせいもあり、ちょっとがっかりな文章だ。まぁ、コピペだけで記事に~ってわけにはいかないけど、とりあえず変換直して文体直して加筆してって感じでやってみたら数日分の記事にはなりそうかなぁ。

しかも得意のシリーズもんだし(。_・☆\ ベキバキ
↑尻切れトンボなシリーズがあちこちにあるのに...�p���_��

で、この記事は"予告"ってことで(笑) 
シリーズの内容は私がトゥレットとの戦いから共存(症状のコントロール)に至るまでにやってきたことがメイン...題して

セルフトレーニング for トゥレット ってまんまやん

ちなみに...こんな風に書いてるとホントに勝手に文章が作り出されてるようだけど、そんなわけはない。前に、あるきっかけがあって記事にしようと頭の中だけでアウトプットしちゃった内容なのだ。実は最近気づいたことだが、一旦脳内にアウトプット(黙読みたいな感じで)しちゃうと、いざキーボードに向かうと脳内がからっぽになっていて何も出てこないのであった。で...しばらくしてから今回のようにドドドーっと出てくることがあるのだ。便利なようで不便な脳みそだ(爆)

トゥレット症状のコントロールと書いたけど、障害の度合いは個々に違うものだし、今は知識のある医師も少数ではあるがちゃんといる。だから激しい症状で悩んでる方(子供さん含め)は、まずは知識があってちゃんと診断出来る医師を捜して欲しい。

テーマ:セラピー&ヒーリング
ジャンル:心と身体
2009年09月28日 (月) | Edit |
コメントのレスにトゥレットのこと書いていてたら、急に頭の中に言葉があふれてきたので書き留めてみました>ってタイピングなので打ち留めてかな(爆)


前にも書きましたが、引っ越し後にトゥレットのせいでかなりひどいいじめに遭いました。その後、人前ではなるべく目立たないようにチック症状を我慢する。これだけに専念していたような気がします。授業中にコンパスを手に刺すことで「動きたい」症状を我慢していたこともあったし、はまっていた小説の世界に没頭(妄想の世界ってこと(笑))することで声をあげたい衝動を抑えたり...。ようするに、よほど面白く集中出来る授業以外は、まったくと言うほど聞いてない状態で...って、面白い授業なんてほとんどなかったけど�A�b�v���[�h�t�@�C��

引っ越し後にって書いたけど、引っ越し前の神奈川にいた頃も、中学年(3~4年生)以降になってくると「なんか変わってる」と思われ始めていたみたいで...素晴らしい担任の先生のおかげでいじめにはあわなかったものの、そういう同級生達との間に見えない壁が出来始めていたことは感じていました。

時代背景的にはしょうがなかったのですが、当時は私みたいな症状を持つ子供の大半は「親の育て方の問題。ストレスが原因」という診断をされていました。幸い母親は私のチック症状についてきつく「やめなさい」ということはなかったものの、当時の医者やまわりの対応のせいで「声を出したり身体が勝手に動くのは恥ずかしいこと」という気持ちがずーっとついてまわっていました。だから、家でも両親の前では必死に我慢して、そのストレスが自室に戻ったときに大爆発する。誰もいないところで「赤い悪魔」が騒ぎ出して、なんでもいいから破壊したくなる、誰でもいいから殺したいという殺意まで芽生えたことさえありました。

そんな私を、子供の頃から今に至るまで救ってくれてる存在があります。

ありのままの私を無条件に受け入れてくれる存在...動物たち。

子供の頃、いっつも肩に乗って歌ってくれた文鳥のシロから始まって、現在の犬猫達。彼らの存在がいつも私を救ってくれました。

数年前まで誰にも話すことはなかったトゥレットについてカムアウトした今でも、どんなに信頼している友人の前でもやはりトゥレッター状態の自分を見せることは出来ません。それは、本当の姿を見たら友人がいなくなるって思ってるからではありません(そんな奴とは友人関係にない自信はあるし(笑)) だけど、やっぱりちょっとは困惑しちゃうと思うんです。なんせ、自分で自分のことを見ても「やっぱ変だよねぇ」って思うんだもの。

だからこそ何もかも受け入れてくれる存在が身近にいて、そんな存在の前で本当の自分をさらけ出していられるということが、何事にも代え難いくらいの自信と癒しになるのです。

トゥレット症候群(他の発達障害でも)のお子さんを持って「何をしてあげたらいいんだろう」って悩んでいたら...まず一番に「ありまのまま」を受け入れて愛してあげてください。動物たちのように"見た目"じゃなく"魂(心)"を見つめる存在になってください。

難しくないはずです...動物も私たち人間もルーツは一緒なんですから�L���L��Y

テーマ:しあわせの素
ジャンル:心と身体
2009年02月25日 (水) | Edit |
相変わらず火星の人類学者の中の"トゥレット症候群の外科医"を読んだ後のハイテンションがおさまらずにいる。おかげで頭の中のざわめきが激しく、運転中に「目的地に行く」という目的を何度も忘れそうになり困った。←つまり曲がるところで曲がらず、真っ直ぐ行くところで曲がりってのをやってしまったってことだ。
もちろん道は間違えても交通法規を遵守した安全運転なのでご心配なく(爆)

6年生で茨城に引っ越したのは両親が家を新築するためだった。
家が完成してからじゃなかったのは、田舎にありがちな10時と15時に大工さんにお茶を出すためである。学校が休みの日、母の手伝いでポットを持って建築中の現場に向かった。すぐ近くの借家に間借りしていたのだが、途中小さな橋を渡る。
その日も何度目かのお手伝いでポットを持って母の後ろをついて歩いていた。

ああ、投げたい投げたい投げたい。。。衝動がこみあげる。
  ぼっちゃーん
手に持っていたポットを橋の上から川に投げた...jumee��faceA76

ずーっと我慢していたけど、気がついたら投げていた。もちろん、めちゃくちゃ怒られた...がとてもすっきりした~(^^; 実は他にも親が気がつかないようなものをいろいろ投げていたんだけど(環境破壊ですみません\(__ ))どうしてもポットを投げてみたかった。
小学6年だよ...3歳児とかじゃないんだから「それは駄目なこと」って理性ではよーーくわかってるし、投げたからなんなの?と聞かれても別にとしかいいようがない...でも私の中の衝動が「投げたい」と囁きつづけると「理性を持つ私」はいなくなってしまうのだ。

川に投げたのは物だった。
ある時、友人と筑波山に行った。ちょっと下見ると怖いよって思う岩の先に友人が立って下を覗いてるとき...一瞬「下に投げたく」なる衝動に...( ̄□ ̄;)!!
「物じゃないよ人間を投げたら駄目」と呪文のように唱え続ける自分がマジで怖かった。大学時代の友人にその話をしたら「きゃ~怖い。じゃぁ○○と山には行かないようにしないとね~(笑)」と半分ジョークだと思って笑っていたけど...内心笑えなかったよー。だってジョークじゃないもの。投げなくて良かった...
あ、今はこの衝動はないのでご心配なく~...と誰となくつぶやいてみる(核爆)

これは本を読んだ後、私の衝動性がトゥレット由来だったのかな?と思ったエピソードのひとつである。
テーマ:トゥレット
ジャンル:心と身体
2009年02月24日 (火) | Edit |
発作的に書きたくなったぁ~�΂��B(相変わらず衝動的)

さっきの記事に「旦那は私がトゥレットだと知らない」って書いたので「おお家庭内でも完璧にコントロールしてるんだ」と勘違いされそうだが...旦那は知らないだけで「トゥレッターな私」を毎日見ている。以下、家庭内における私的トゥレット行為をあげてみる。

ワンコ@○んちを片付けるとき「○んちくん~♪○んちくん~♪」ひたすら連呼。
犬語とか猫語とかしゃべりまくりー(その他意味不明の造語を連呼)
犬の体臭をかぎまくり~(とくに足の裏をひたすら)
唐突に部屋の中でスキップ~♪
目の前に叩けそうなものがあると"どこでも打楽器~"な演奏会。


↑ってな感じ。
ただの変態の一歩手前��ぐらいでコントロールしていたつもりだったけど...
TVドラマで「のだめカンタービレ」が始まって、それを見た旦那の第一声が
「おっ、この変態ぶり...うちにそっくりな奴がいる」だった...( ̄□ ̄;)!!

えええ、あんなに変態じゃない。
と叫びたかったが....誰もいない時の私はもっと変態かも?と
思ってしまったのがなんかむかついた(爆)

ちなみに...どんな旦那でも「ただの変態」で受け止めてくれるとは思わない。
うちの旦那は結婚前からおならに火をつける芸(爆)とかやってるような変態だったので気にしないようだけどね(^^;(あんたに言われたくないとか言えるし(核爆))
テーマ:トゥレット
ジャンル:心と身体
2009年02月24日 (火) | Edit |
友人に勧められた本が日曜の午後に届いた。
その本の中に"自分"を見つけた私は...野生に戻ってしまった~����

火星の人類学者―脳神経科医と7人の奇妙な患者 (ハヤカワ文庫NF)

自分がトゥレット症候群だったって知ってからまだ10年は経ってないが、トゥレットについてネットで調べた時に読んだ情報がこのようなものばかりだったため、表面上症状を押さえ込んでいられる私は、あまりトゥレットの情報(書籍としての)に興味が湧かなかった。だから届いた本の中に「トゥレット症候群の外科医」という章を見つけた時も「へぇ~」ぐらいの気持ちで読み始めたのだが...

トゥレット症候群の外科医であるカール・ベネット博士の話や、著者のサックスのトゥレット症候群に対する解説にもう目が脳が釘付けぇぇ~!
ベネット博士が感じてることがまるで自分のことのようにわかり、あまりにも感情移入して何度も読み直していたら...昨日はひさーしぶりにトゥレッター全開になってしまった(爆)←つまりコントロール不能状態って感じだ(^^;

昨年末に「私ってADHD?」って気がついてから、私の異常な衝動性はそっち由来のものかなぁと考えていたが、もしかしたらトゥレット由来のものだったのか...等々思考をめぐらせていた。そんな中で一番衝撃だったのが「赤い悪魔」は私が創り出したものでなく、私自身だったんだと気づいたことだった。以下抜粋させてもらうと(p156~157)

パニックや怒りは抑えられないほど激しく、身構える暇もないほど突然に湧き起こってくる。ときには駐車違反切符を渡されたり、パトカーが近づいてくるのを見ただけで、暴力シーンが脳裏をかすめる。カーチェイス、銃撃、めちゃくちゃな破壊、流血沙汰、そして死というシナリオがほんの一瞬のあいだに、彼の脳裏にものすごいスピードで展開される。彼のなかには、他人事のように無関心にこうしたシーンを眺めている自分がいるが、べつの自分は衝動に突き動かされて行動したくなる。そこで、自宅に帰って一人になると発散せずにはいられない。家族ではなく、周囲のものにあたる。怒り狂って壁を殴りつけ、キッチンにあるものを手あたりしだい冷蔵庫にぶつけてでこぼこにしてしまうというわけだ。

うわっ、私の赤い悪魔だと思わず叫んでしまった。
我が家の食器が長持ちしない原因の5割は私が叩きつけて壊したから(半分は不注意(爆))包丁を叩きつけた時には刃先が割れて飛んで危うく刺さるとろだった(--;) 壁を殴ると手が痛いので足で蹴り飛ばしたりと...「これ以上家を破壊しないようにサンドバッグ買うか?」と真剣に考えたことも...(^^;

他人が聞いたら「なんで、そんなことぐらいで」ってことでも怒りの感情が暴発するので「私の前世って殺人鬼だったのでは?」と半分真剣に悩んだこともあった。21日の記事に"トゥレットが脳内物質に関係ある障害なのであれば、それを無理矢理押さえ込もうとしたために脳が反応して生み出したのが赤い悪魔だったのではないか"って書いたが、どうやら奴は最初からいたんだなとわかって、なぜかほっとした。他にもいろいろ感じるところはあるが"考えるくん"達が大人しくなったら書いてみようと思う。

余談だが...
夕べ、いつもより早く帰宅した旦那が水戸黄門を観ていた。私は興味がないのと本に過集中していたので読書に熱中していた(って同じ章しか読んでないけど(爆))水戸黄門が終わる頃にトイレに行き(私が)戻ってくると...「と。。っとしょうこうぐん?」と旦那が呟いた気がした。TVを見てつぶやいたように見えた。。。

( ̄□ ̄;)!!今旦那がトゥレット症候群って言ったように見えた。本に集中するあまり幻覚が見えてしまったのか!(旦那は私がトゥレットなこともトゥレットって言葉も知らない)と、かなーーーりショックを受けていたのだったが(変なもの感じたり聞こえたり見えたりしたことあっても(^^;こういうシチュエーションでの幻覚は見たことなかったので(爆)) 今朝読んだ夕べ友人から来たメールに...

そう言えば、今日のトゥレットの症状の重い人が、手術で脳に電気信号を送り間違った脳への指令を遮断するというのをやってました。見ました?

と書いてあって「ええっ!」って慌ててぐぐってみたら...
世界まる見えテレビでやってたんですね。いつもなら観てるんですよー。旦那が早く帰ったせいで見損ねた(がーん) あ、でも幻覚じゃなくって良かった。そういえば水戸黄門終わった後、深いい話になってたから旦那がチャンネル(ふるっ)変えて「トゥレット症候群」という言葉を聞いてつぶやいたんだなって。
テーマ:トゥレット
ジャンル:心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。