--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月06日 (火) | Edit |
fuko_kaze

最近…脳内が犬仕様(笑)になってるので、Twitterも犬仕様にしてみたり…ってひさびさにつぶやいてみる(^_^;
11-05 20:04

それにしてもフィーリのリーちゃんへの執着ったらぱないね。どんだけマザコンくんなんだか(笑)
11-05 20:09

スポンサーサイト
2012年03月23日 (金) | Edit |
今日は前売りまで買って観る気満々だった映画観てきました。

そして...やっぱり今日も一人旅だった

私より前に誰もいず...
そして、左右をみると同じ列には私一人...
IMG_0448.jpg


って、この画像じゃ暗くて人がいてもわからんけどね。
今日は前から4列目の真ん中あたり。観た映画は3Dです。

あ、今日書いているのは前回書いたシネコン事情の「閑散としてる」という話とはまた違います。それに今日はそこそこ人が入っていたようだしね。(まぁ場所が某モールだったから?(笑))

つまり、こういうこと。
私が映画観るときのベストポジションは、かなーりマイノリティだってこと。だからたいてい一番前&サイドに誰もいない。だからたまーに同じ列に人がいるとびっくり...前にいたら超びっくり...という感じだ

それに気づき始めてからデータ取ってるのだが(物好き)そのデータを取り始めてから自分より前で観てる人を発見したのは2回しかない。しかもその1回は友人と一緒でその友人にあわせてけっこう後ろ目の席だったわけで

このマイノリティ具合は、3D映画を観るようになってからチケット購入時にも感じている。「この席で~」と座席表を見ながら指定すると...「3D映画だと、このお席だとけっこう見づらい感じかと」などと説明してくれる。その度に「あ、いつもこんな感じなんで大丈夫です」と答える。

一番最初に観た3D映画@アバターの時に、前・真ん中・後方・やや前といろいろ試して(はい、アバターは最終的に5回観ました(笑))見つけたベストポジションだったりするから「大丈夫です」なんだけど、確かに私の見る位置って3Dだとそうとう前すぎるらしいので、チケット売り場のおねーさん対応はある意味正しい(笑)

ちなみに...2Dのベスポジはその1列前...ってほとんど一緒じゃん

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
2012年03月22日 (木) | Edit |
今更なんですが...
こちらの前編中編のつづきです


その頃に感じていた不満について断片的にメモっていたのですが、その頃から今に至るまで...まったく進歩が感じられない日本の電子書籍界隈の状況に...早い話が見切りをつけたってことです。いや諦めたという感じか。

そんな私の言いたかったことが書いてある記事を発見。
もとまか日記乙さんの
日本の電子書籍はどこへ向かおうとしているのかという記事です。


活字萌えな私なので、RetinaになったiPadさんで美しい活字を読めることが一番期待していたことだし、その1点だけで買い換えたと言ってもいいくらいなんだけど(笑)

すでにRetina対応してるi文庫HDのスクショ。
IMG_0011.jpg


ネットで書評をみかけて「おっ、この本面白そうじゃん。読んでみよう」って思った書籍...ほとんど電子書籍版が出ていないという状況...でも読みたいから紙の本を購入...でも「RetinaになったiPadさんで読みたいし」ってことで自炊...何これ?...日本って先進国とかやめたの?

最後の砦(と私は思ってる)Amazonは、日本の電子書籍事情に風穴を開けられるんでしょうか?現状を見ているとかなり不安です。でも期待したい気持ちはある...でも...期待してただけ裏切られたらショックかも....じゃぁ、期待するのなんかやめて、いっそのことすでに電子書籍事情で満足出来る原書(英語)を読めるようになればいいじゃん?

そうだよ!
洋書(英語の)には「この本が翻訳されたら読みたいのになぁ」ってのが山ほどある。原書のまま読めるようになったら「あ、これ面白そう」って思ったらすぐ読める。しかも電子書籍だったらわざわざお取り寄せとかせず読みたいと思ったその場でダウンロード即読めるのだよー!

洋画を字幕なしで楽しむってことに比べて、洋書を辞書なしで楽しむはハードルが高いとは思う。でも↑で書いた日本の出版業界への怒りをエネルギーに変えたら出来そうじゃん...って単純な理由でスタートしたプロジェクト(おおげさ)だけど、RetinaになったiPadさんのおかげで「読みたいぃ~」ってテンションがさらにupしてるので、このまま挫折せずに継続したーい!(笑)


テーマ:電子書籍
ジャンル:本・雑誌
2012年03月19日 (月) | Edit |
休みだった本日、ケーズデンキのAppleショップにて購入。
平日だけど、Appleコーナーだけ妙に人がわらわらしてたな(笑)

iPad Smart Cover - 革製 - ブラック
IMG_0012.jpg


去年iPad2と一緒に購入したスマートカバーの色はクリーム。iPadが白なので、白っぽいクリームがいいかなぁと思ってチョイスしたのですが...届いてみると、色が我が家の風呂蓋と一緒(爆)...まぁ、それは置いておいて

革製とは言っても、バッグに使われてるような革と違ってかなり汚れがつきやすい。確か2~3ヶ月しないうちにクリームというよりは薄汚れてグレーっぽくなってきたような。「濃い色にしておけば良かったなぁ」と思っても後の祭り。値段が値段なので気軽に2枚目~ってわけにもいかずに使ってました。

でもでも~。せっかくiPadが新しくなったんだからこっちもねってことで新調することに。ポリウレタンの方に好みの色があったら安いしそっちにしたと思うけど、候補の色が黒と紺と赤でけっきょく全部革だし。最終的に黒と赤で迷ったんだけど「赤のスマートカバー使ってたけど、汚れが目立つので今度は黒にした」って記事をみかけて最終的にブラックに決めました。

せめて半額くらいのお値段だったら赤黒の2点買いしちゃったのにな
でも、背面のプロテクティブ スキンガードも黒いからカバーを閉じると黒・黒で渋くていいかも(笑)←白ガジェ好きのくせに基本は黒萌えだし

ちなみに...これからスマートカバーを買おうと思ってる人で薄い色系を考えてるのなら、半年ぐらいで汚れちゃうのを覚悟でどうぞ~(おい)



テーマ:iPad
ジャンル:コンピュータ
2012年03月18日 (日) | Edit |
新しいiPadさんのホーム画面は、お婿入りしたiPad2くんのデータをひきついだので見た目は同じだ。ホームの壁紙だけは替えようかなって思ったけど、かなーりお気に入りの写真だったのでもう少し使うことにした。

昨日仕事先の息子くん世代のバイト君に「新しいiPad来たよ~」と見せると...「わぁーまた白っすね。あっでも新しいのは画面が3Dなんすか?」って聞かれた。

彼は内容が一緒のiPad2くんも見ている。iPad2の実機はないので見比べて「こっちは綺麗」とかの感想じゃなくいきなり「3Dですか?」ってところが、RetinaになったiPadの威力を物語ってると思った。

画面が精細なので、アプリのアイコンが浮いてるように見えるのだ。


ところで...ここでふと考える。

自分の脳にマイノリティの部分があると知ってから「私が見ている世界が、あなたの見ている世界と同じとは限らない」と常に頭の隅に置いて物事を考えるようになった。ここ数日、私が目にした新しいiPadの感想の大半はこの美しい画面についての魅力を熱く語る文章だったが、そう感じない人もいるのかな?。。。ってことでキーワードをいろいろ入れてぐぐってみた。すると...

新しいiPadとiPad2を一緒に見比べて見なければわからない程度の違い。
確かにちょっと綺麗だけどそこまでこだわりないから2で充分...etc...

上記のような感想を読むことが出来た。(あえてリンクはしませんが)

iPad2で充分って意見はわかります。小さい活字は滲むけど、だからって読めないわけじゃないしダウンロードした映画も綺麗だし充分楽しめるレベルだと思う。だからもし他の(iOSじゃない)タブレットとどっちがいい?と聞かれたら迷わずiPad2くんのが断然いいって勧めるし、新しいの出たおかげで値下げでコスパの面でも最強かななんて思ったりも。

ただ...見比べないと良さがわからない。ってのにはちょっとびっくりしました。新しいiPadが到着した日にiPad2くんは梱包しちゃってそれ以来、両方を見比べること出来ませんが、新しいiPadさんの画面を見るたびに「ああ、美しい」と実感出来ますから

ロック画面もiPad2と同じ写真の壁紙を引き続き使ってるんだけど、その綺麗さに思わずすぐ解除せずに見入ってしまう…なんてことも。自分ではそんなに視覚優位じゃないと思うしその辺は平均的だと思うんだけどなぁ。

まぁ、前にも書いたように『活字萌え』って部分ではまったく平均的じゃないってことは自覚してるけど( ̄◇ ̄;)


テーマ:iPad
ジャンル:コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。